タグ別アーカイブ: ジェルネイル

ジェルネイル

ジェルネイルブームは去ったのか?

ネイルサロンが日本に誕生して、かれこれ2-30年経つのですが、

やっと、文化として定着してきたようです。

文化として定着したという事は「ブームは去った」ということです。

ブームというのは、たいてい若い人から起こり、全世代へと広まって行きます。

ジーンズが分かりやすい例です。

最初はヒッピー達から広がりましたが、今では誰でもが使う定番となりました。

今ではジーンズのことをブームとは言いません。

 

マニキュアを塗るということは以前からありましたが、サロンでネイルしてもらうという文化は、日本ではやっとブームを終えて世代層も広がってきたのです。

本当に続けたい人が、経済的にそれだけの余裕のある人が、続けるようになってきました。

それに伴って派手なネイルの需要も下がってきました。

ネイルだけがファッショから浮いてしまうようなデザインではなく、シンプルでエレガントなネイルの需要が高くなっています。

 

イメージとしては、流行感ではなく、セレブ感・おしゃれ感が挙げられます。

若い世代だけでなく、3~4週間おきにネイルサロンに通う時間と経済に余裕のある方が生活に取り入れています。

ネイルを愛する私としては、年齢層に関係なく世代を超えて多くの人にネイルを愛してもらい、生活に取り入れてほしいと思っています。

アメリカではネイルサロンが日本のコンビニの数くらいあるそうです。

世界的に貧富の差が広がっていると言われていますが、ジェルネイルなら本当にお金持ちでなくても、セレブ感を楽しめる素敵な世界です。

 

 

 

ジェルネイルの楽しみ

ジェルネイルはファッションの一部として楽しむことができますが、どちらかと言うと、人に見せるためよりも、自分自身の満足のために楽しむ要素が高いのが特徴です。

aa261cdb7389aed5404a49d66dc58e95_m

洋服も髪型もきれいにすれば、自己満足度は高いのですが、ネイルの大きな特徴の一つに

自分の視界にいつも入っているし、鏡を見るなどしなくても眺めて楽しめるという点が特徴といえます。そしてお手入れ不要のまま3週間楽しみ続けられるというのも大きな魅力なのです。

自分の気分をここまで上げてくれて、それが長続きするといものは、ほかに探しても簡単には見つかりません。

ネイルを素敵にしていることで、自宅で一人でいても、身なりをきちんとしていようという前向きな気持ちになれ、結果的に仕事や家事の効率もはかどるという方も多いです。

ブランドの洋服を買ってあまり活用できないでいるより、自分のためになるのです。

ネイルをして前向きになって、仕事も家事も頑張れれば、社会の役に立つことができるといえるのです。景気が上向きな時はオシャレ度も上がります。

ぜひいつも素敵にジェルネイルをして楽しんで頂きたいです。

ジェルネイル

ジェルネイルとは

ジェルネイル

ジェルネイルという言い方を聞いたことがない方はどれくらいいらっしゃるでしょうか?

ネイルのおしゃれと言えば「マニキュア」しかなかった時代が長く続きましたが、ここ数年とても流行ってきました。

ジェルネイル

ジェルネイルは

1)マニキュアより持ちがよく、

2)厚みがあるため爪に対して保護力が強く、間にシールやストーンを埋めることができます。

3)乾燥させるのではなく、UVライトやLEDライトの化学変化によって完ぺきに固まるので、完成したのかどうかがはっきりしています。固めないうちは、何回でもやり直せるので、さまざまなアートや絵を描いたりすることができます。

ジェルネイルは施術工程が細かくて複雑で、必要な材料が多く、好奇心だけで手軽に始められるものではありません。そこで、ネイルサロンに行ってプロに施術してもらうのが普通です。

その分、値段も高くつくので、自分で独学でやってみる人もいます。そういう人たちをセルフネイラーと言います。しかし、必要材料の中には危険な成分などもあり、気を付けなければいけないと言われています。ジェルネイルに必要な材料はインターネットなどで購入できますが、値段に大きく開きがあり、安くて粗悪なものがたくさん出回っています。

セルフネイラーのためのスクールも最近では増え、サロンに行かず、独学でもなく、自分でプロから技術を学んで楽しむ人たちもいます。

最初は若い人達に流行ったジェルネイルですが、今では年齢層も広がり、40代、50代の人達の中にもネイルサロンに通う人が増えています。

3週間おき位にサロンに行く必要がありますが、美容院と違い、その間は自分でお手入れする必要がなく、ジェルネイルはつねに美しい輝きのままでいてくれます。

3週間おきにネイルサロンに通うのはそれなりの支出となりますから、ブームが去った後は、ステイタスの象徴のようなポジションになるかもしれません。